MEDIA

IN THE PRESS

メディア広報

メディア等に関してのお問い合わせは以下のメールアドレスにお願いいたします。 media.asia@thechiaco.com

PRESS RELEASES

BIOS

リリー・シューター(Lily Soutter)

リリーはニューカッスル大学を卒業しておりそこで優秀学生に送られる奨学金を獲得しフードヒューマン栄養学の学士号(Hons)を取得しました(栄養士会AfN認定)。 彼女はその後、オプティマム栄養研究所(Institute of Optimum Nutrition)から栄養療法ディプロマを取得。リリーは食と健康のサイエンスを幅広く学び、タイムズ、テレグラフ、デイリーメール、インディペンデント、ウーマンズヘルス、コスモポリタンなどの雑誌に定期的に記事を掲載しています。頻繁にテレビ出演されており、ITVのプライムタイムシリーズのセーブマネー(Save Money:Lose Weight with Dr. Ranj Singh)が含まれます。 リリーはチェルシーにある彼女自身のクリニックと、ノッティングヒルに拠点を置くプライベートのクリニックを診療しています。

John Foss 略歴

ジョン・フォスはチアシードの世界最大の生産者であるザチアコー社の創業者です。2003年オーストラリアのキンバリーにてスタートし、現在、世界36カ国にも及ぶグローバル企業になりました。     西オーストラリアの小麦農家の4代目として育ったジョンは、穀物の商品作物を栽培していました。マーケティングやビジネスを大学で学んだ後、Nuffield Scholarship(ナフィールド奨学金)の受給資格を得て海外の農業や食品業界の新しい傾向を調査をする機会が与えられました。 肥満や糖尿病などの高まりは現代の食事が影響しているという確信にいたり、現代の食生活と食品供給システムを変える必要があると考えました。 ジョンはこの調査において植物性食品や持続可能な農業が将来の健康のカギとなる確信しました。チアシードの完璧な栄養成分を見たとき、これは世界中の人々の健康にいい影響をあたえるものだと閃きました。オメガ3、食物繊維、たんぱく質を豊富に含み、加工の必要がなく、そのまま食品や飲料に加えるだけで栄養価を高めることが出来るからです。 西オーストラアに戻った事業家でもあり農家でもあるジョンは、チアシード栽培に最適な緯度と環境のあるキンバリー地域のオード川流域を選びオーストラリアチア産業を創設しました。 「チアシードをオーストラリアに持ち込み、ザチアコーを設立するには人々の厚い信頼なしにはできなかった。」とジョンは言います。 「10年前まで、チアシードはほとんど知られておらず、これを商品化するというアイデアは笑われた。誰も長期間にわたって供給できるという完全なサプライチェーンを構築していなかった。」とジョンは当時を振り返ります。 2010年10年にわたる農業研究と十分な栄養成分データの裏付けが取れた後、ザチアコーは最初の商品の販売を始めました。ジョンの戦略的ビジョンに基づき世界市場の開拓を実行し、すぐに問い合わせがくるようになりました。 チアシードだけではなく、ジョンもまた食品業界のリーダーとし世界中からゲストスピーカーとして招待を受けるようになりました。ザチアコーの創業者として、また、代表取締役会長としてジョンはメルボルン、ニューヨーク、ロンドンのオフィスを総括しています。