「The Biting Truth」が全てをお伝えします

私たちは最近「The Biting Truth」のスマートで健康な女の子たちをソーシャルメディアやEメールで受け取った疑問に答えるために招待しました。

「The Biting Truth」は管理栄養士と栄養士の資格を持つアナとアレキサンドラ(Anna-Jane Debenham 、 Alexandra Parker)の二人で運営されています。

彼女たちはレシピや記事、健康に関するヒントの発信による人々の健康の達成の手助けと、バランスの取れた持続可能な栄養へのアプローチを通じての福祉の実現を決めました。 これらの2つは既にチアシードの愛好家には驚くべきことではないかもしれません。 事実、彼女たちはチアシードを腸の健康のための6つの最高の食物の1つとして取り入れています。

チアシードの良い言葉を広げるためにも、アナとアレキサンドラによくきかれる質問に答えてもらいました。

Q:どれくらいの量がチアシードの取りすぎなんでしょう? 1日の推奨摂取量はどれくらいですか?
すべてものに当てはまりますが、何かが良いものだからといって、無制限に食べるべきではありません。 健康上1日あたり15グラムまたは大さじ1のチアシードを目安にしてください。チアシードを食生活に加えるのにおすすめは次のとおりです:ミューズリーやポリッジ(オートミール・お粥)またはシリアルに振りかける;チアプディングを作る; ヨーグルトに加える; サラダの上に振りかける。 サラダドレッシングに加える; マフィンやブリスボールのようなおやつレシピにくわえる。

Q:乾燥したチアシードと水に浸したチアシードでは栄養学的には違いがありますか? 私は乾燥したチアシードから栄養を吸収することは難しいと聞いてきました。
チアシードについての最も良いことは、非常に少ないカロリーで膨大な量の栄養素(食物繊維、タンパク質、良質の脂質)を提供することです。 チアシードは、流行の「スーパーフード」と呼ばれている食品のなかで、本当にその言葉通りの価値があるものです!
人それぞれ消化器系は違っていますが、一般的には、乾燥のままでも水に浸してもチアシードの栄養上の利点を得ることができます。保護コーティングを持つシードナッツや穀物としてはチアシードの皮はかなり柔らかく、水に浸したり、他の食品(チアシードをいれてパンを焼いたり、ミューズリーにふりかけるなど)にまぜると、 消化過程をゆっくり行うので、ひいては栄養吸収の最適化にもつながります。

Q:簡単なチアプディングのレシピを教えてもらえますか?
1カップのアーモンドミルクと¼カップのチアシード(大さじ3 )を混ぜ、冷蔵庫に一晩入れてください。 新鮮なフルーツとナッツをトッピングして健康的な朝食やデザートにどうぞ。
The Biting Truthの詳細については、ウェブサイトとInstagramのアカウントをチェックしてください